採用メッセージ

IS事業本部

recruit_message_section

IS事業本部 本部長

IS事業部とは?

JCSにとっての主軸事業であるシステム開発やシステムインフラサービスといった、システムデベロップメントサービス(SD事業)に続く、新たな新機軸事業として立ち上がったのがIS事業です。この事業部はシステム運用サービスやユーザーサポートデスクを主軸としており、近年は、PCを含むOA機器の導入から保守、廃棄までをサポートするライフサイクルマネジメントサービスを新たに展開。SD事業と併せ、JCSの新たな価値を切り拓くサービスとして、近年急激に成長を遂げています。クライアントは当社の主要顧客をはじめとした大手企業が中心であり、システムデベロップメントサービスと本サービスを組みあせたトータルなソリューションにより、企業のIT戦略を包括的に支援していくことが可能です。

こんなヤリガイを感じることができる

そんなIS事業部では、さらなる事業発展のため、新たな人材を募集しています。開発系とは異なり、運用という仕事は比較的容易にスタートを切ることのできる業務です。最低限の基礎知識さえあれば、あとは業務に就きながら技術を磨くことができるので、IT業界に対してハードルの高さを感じ二の足を踏んでいるような方にとっては理想的な技術領域だと言えるでしょう。また、クライアント企業にとっての生命線である情報システムを24時間365日にわたって安定的に稼働させるという極めて強い使命感を帯びる仕事ゆえ、「ヤリガイ」という点においても非常に大きなものを感じることができるはずです。

IS事業本部 本部長

こんなキャリアを描くことができる

IS事業部でシステム運用の仕事を覚えた後、これを一つの取っ掛かりとしてSD事業部へとジョブチェンジし、システム開発やインフラ構築の技術を磨くこともできます。また、運用という仕事は、クライアントの利益に直結するシステムを守ることをミッションとしているので、クライアントの立場でコストや利益、品質を考えることができ、「システムで利益を創出する」という情報システムの本質や本来の目的に触れられるのも大きな魅力の一つ。この“本質理解”による意識改革は、エンジニアとして必ず大きな武器となることでしょう。「そのままシステム運用を極めるもよし、培った運用スキルをベースに開発へとステップアップするのもよし」そんな柔軟なキャリアプランを描けることが、IS事業部で働く上での一つの大きな価値となるでしょう。

これからのIS事業本部とみなさんへのメッセージ

システム運用をベースに、サポートデスクや企業のIT環境を包括的にサポートするライフサイクルマネジメントといった既存サービスに加え、近年、システム運用サービスにおける新たなニーズとして、BCP(事業継続計画)に対するサポートサービスの重要性が高まっています。BCPとは、災害発生時に重要業務が中断しないよう、事業の継続や復旧を速やかに遂行するために策定される計画のことであり、先日の東日本大震災などによって注目されているサービスです。私たちもできるだけ早期にこのBCPに関連するサービスを展開すべく、定期的に有志が集っての勉強会を実施しています。
 
システム運用、ライフサイクルマネジメント、サポートデスク、そしてBCP。これらを有機的に組み合わせたトータルなシステム運用ソリューションで、企業にとっての生命線である情報システムを包括的にサポートし、その発展に貢献していくことがIS事業部の目指すところ。ぜひ、私たちと一緒に、そんな使命感に満ちた仕事をしてみませんか?

 
 

SD事業本部

recruit_message_section

SD事業本部 本部長

SD事業部とは?

SD事業部の「SD」とは「システム・デベロップメント」を意味し、システム開発およびネットワーク・システムインフラ構築をメインとした事業部です。SD事業部の強みは一つのシステム案件に対し、ネットワーク設計からシステム基盤、アプリケーションまですべてのニーズに応えていける点にあります。クライアントは大手生活用品メーカーやメガバンク、大手飲料メーカーのシステム部門など大手企業を中心に、幅広い業種業態のクライアントのシステムニーズに応えることができます。また、これらのクライアントと直接的に接しながら上流工程から関わっていくプライム案件の比率が高いことも当事業部の特徴の一つだと言えるでしょう。JCSの主軸事業という位置づけであり、メンバーは120名と一番の大所帯となっています。

こんなヤリガイを感じることができる

システム・デベロップメントは、システム設計やネットワーク設計、プログラミングといった専門性の高い技術領域ですが、フレッシュで意欲溢れる方であれば、ITに対する知識がなくても受け入れ、一から育てていくつもりです。教育期間も3~4ヶ月と余裕あるスケジュールを組んでおり、“コンピュータのイロハ”的な初歩レベルの知識から、最終的に一つのシステムを自分で作れるようになるまでを、独自の研修カリキュラムにもとづき指導していきます。これらは新入社員研修の一例ですが、もちろんこれ以外にも中途採用者向けの研修やスキルアップを目的とした技術研修、選抜メンバーらによって技術者としての市場価値を高めていく目的別研修など、幅広い階層や目的に応じたカリキュラムを用意しています。こうした手厚い研修体制を有していますので、文系出身の人間でもしっかりとした技術を習得することが可能。実際JCSでは、多くの文系出身者がハイレベルなプロジェクトの第一線で活躍しています。

SD事業本部 本部長

こんなキャリアを描くことができる

クライアントとの直接取引によるプライマリー案件の比率が多いので、実際に自分たちが手がけたシステムを使うユーザーと直に接したシステム開発やインフラ構築を経験できるのが当事業部で働く上での魅力となることでしょう。クライアントと密に接し、その業務内容を把握・理解することで、システムがどういった役割を果たしているのかといったことが鮮明に見えてきます。二次請け・三次請けといったクライアントとかけ離れた受託形態では、このような“本質”に触れることはまず不可能でしょう。
 
また、当事業部では上流から下流まですべてのフェーズをワンストップで提供できるサービス提供を行なっており、まずはテストやプログラミングといった実装工程で基礎を築き、基本設計、仕様策定、クライアントと直に接しての要件定義、さらには業務理解や経営課題を把握してのシステムコンサルティングまで、幅広いキャリアプランを描く事が可能です。
加えて、JCSは特定のメーカーとの縁故関係に縛られない独立系のIT企業ゆえ、幅広い業種業態のクライアントと接することができ、また、開発環境も一つのものに縛られることなく、クライアントが望むシステムに応じて幅広いプログラミング言語やフレームワークといった技術をチョイスすることができます。「幅広いITニーズに応えられる市場価値の高い技術者を目指したい」という方にとっては、うってつけの環境があると言えるでしょう。

これからのSD事業本部とみなさんへのメッセージ

その上で当事業部が求める人材像ですが、先を急くことなく、一つ一つ確実に実績を積み重ね、一つのことを極められるような方を理想としています。実際に学生時代などに、スポーツでも趣味でも勉強、アルバイト問わずどんなことでもいいので、コツコツ経験を積み重ね、その果てに一つのことを極めた経験をお持ちの方とぜひともお会いしたいですね。
 
今後は、クラウド技術やスマートデバイス向けアプリケーションなど、新しい技術を採り入れたソリューションや、パッケージ製品を活用した低コストかつスピーディーなシステム開発サービスを提案し、JCSならではの独自価値を高めていきたいと思っています。そんなSD事業部の新たな可能性を切り拓くのは他でもない、この記事をお読みのみなさんの役目。この記事をお読みになり、少しでもJCSという会社に興味を感じたのなら、ぜひ一緒に仕事をしましょう!