開発・コンサル
interview01-1

JCSで初となる戦略系のコンサルティングサービスを担う

外資系大手生保会社の社内ワークフロー開発プロジェクトおよび、大手飲料メーカーの卸販売管理システムの開発プロジェクトを経て、現在はコンサルタントとしてある大手ホールディングスグループの業務改善プロジェクトを担当しています。この仕事はシステム案件ではなく、クライアントの業務分析を行った上で具体的施策を考え、実施していくという企業戦略の観点に立ったコンサルティング業務。ホールディングス会社の総務・人事・情報システム各部署の責任者と直に接し、ヒアリングを通じて課題を抽出の上、それに適った具体的解決方法を考え実施していきます。こうした戦略系のコンサルティング業務はJCSで私が初。そういった意味では、JCSの新たな価値を最前線で切り開いていると言えます。

 

「クライアントの課題を根本レベルから解決させてあげたい」そんな思いが自分を突き動かした

interview01-2
一エンジニアとして開発業務で実績を積み重ね、役割も一担当者からPM(プロジェクトマネージャー)やPMO(プロジェクト統括)とステップアップしていきましたが、システムエンジニアという役割ゆえ、技術的な観点からでしかクライアントに貢献することができないことにある種の「もどかしさ」を感じていました。それが原点となり、「もっとクライアントの業務面に深くコミットメントし、根本レベルからの課題解決を導き出したい」という思いが日に日に強くなっていきました。それが私をコンサルティングという領域に向かわせた原点。当時のJCSには業務系コンサルタントという業務領域はありませんでしたが、新たな挑戦への気持ちを抑えられず、上司に直談判を敢行(笑)。結果、その思いを汲んでくれ、大手のコンサルティングファームのプロフェッショナルたちと同じ土俵で仕事ができる案件をアサインしてくれました。情熱と然るべき実績をもって「これがやりたい!」と直訴すればやらせてくれるのがJCSという会社です。

 

ITとコンサルテーションの融合による、自分ならではのサービス創出を

interview01-3
最初からコンサルタントとしてスキルを積み重ねてきた、コンサルティングファームのプロフェッショナルたちとは異なり、私はシステムエンジニアというバックボーンを持ってコンサルタントとなった人間。つまりITスキルは私の強力な武器。そんな強みを活かし、今後はビジネスや経営課題解決の戦略立案とITとを融合させた、私にしか実現し得ない独自のコンサルティング領域を切り拓いていきたいですね。コンサルティングを通じた業務最適化および経営課題の抽出に基づいた、最適なシステム開発から運用に至るトータルなソリューションの提供。そんなものを私が主軸となって提供していきたいと思っています。
 
そうやってJCSにコンサルテーションという仕事を根付かせることができたならば、いつかは自分の手でコンサルティングチームを立ち上げてみたいですね。それがJCSに新たな価値をもたらすことになる。「これからが本当の挑戦」といったところでしょうか。