ミドルリーダー研修

topics_kenshu_header

2014年6月に株式会社IWNC(http://www.iwnc.com/jp/index.html)の提供するカリキュラムを利用した研修を行いました。

JCSの次世代を担う若きミドルリーダー達が八ヶ岳の雄大な自然の中で2日間一緒に過ごし、ちょっと変わった方法でオーナーシップやリーダーシップといったリーダーに必要な経験をこの研修で学びました。

■研修カリキュラム
 - Day1 (10:00~21:30)
・ 室内、室外でのアクティビティを通じたチーム作業の実践
・ ディスカッション
・ サーベイ(※)のフィードバック
 - Day2 (8:30~17:30)
・ 野外アクティビティ
・ ディスカッション
・ アクションプランの作成

 ※「サーベイ」:事前に上司、同僚、部下に聞いた参加者の強みや弱みなどの分析結果

カリキュラムをみると「?」と思ってしまうような研修です。野外アクティビティって何だ??と思いましたが、いざ実践してみるとなるほどと思う研修内容になっていました。

各メンバーがチームを組んで1つのアクティビティをこなすのですが、メンバー間で協力し合わないとなかなかクリアできない難関なアクティビティになっている為、参加メンバー達は四苦八苦しながら挑んでいました。

topics_kenshu_activity

チームに分かれてそれぞれの役割分担を行うと、自然と皆に指示を出すリーダーが現れます。アクティビティによってそれぞれの役割も変化していきます。
JCSでは業務でチームを組んで作業を行うことも多いのですが、普段は気づかない点を研修のプロより改めて説明・指摘を受けることで経験を知識として身に着けることができていました。

topics_kenshu_discus

室内ではディスカッションが行われ、普段とは異なる場所で、異なる業務を行っているメンバーがそれぞれの意見を言い合ってお互いの親睦を深めるなど、意義深い研修になりました。

JCSのような中規模の会社であっても業務や作業場所が異なる社員同士がコミュニケーションをとる機会は多くない為に初めて会話を交わすメンバーもいましたが、最後には皆が仲良くなっていました。

topics_kenshu_communicate

普段の研修といえばIT技術の研修やセミナーへの参加といったことを企画することが多いのですが、参加者からは今回の研修に対して想像以上のポジティブな意見がよせられました。会社としても、今後も継続してこのような研修を取り入れていきたいと思います。

もちろん、研修の目的でもあるオーナシップやリーダーシップの経験や知識も養われ、現在もみなさん活躍中です。